マリア様がみてる

    2010年06月27日

    1 ◆HDK/S/42EA @裸一貫で墜落φ ★ 2010/06/27(日) 02:31:17 ID:???
    映画原作 マリア様がみてる (コバルト文庫) (コバルト文庫 こ 7-66)集英社コバルト文庫のライトノベル「マリア様がみてる」(著:今野緒雪)」シリーズより、「映画原作 マリア様がみてる」が発売となった。

    「映画原作 マリア様がみてる」は、原作第1巻のカバーや挿絵に、2010年秋公開予定の実写映画「マリア様がみてる」のスチールを用いたもの。もちろん、冒頭のキャラ紹介も実写版仕様になっている。内容については目次(※)を見る限り、第1巻と同じだと思われるが、「映画版あとがきを収録」(帯より)とのこと。

    ※ サブタイトルは順に、胸さわぎの月曜日・波乱の火曜日・水曜日の物思い、金曜日のバトル・辛くて渋い週末・熱い二週目・ワルツな日曜日

    「映画原作 マリア様がみてる」(著:今野緒雪)

    キャラ紹介
    akiba20100625-9031[1]20100625210000[1]

    挿絵
    akiba20100625-9035[1]


    http://akiba.kakaku.com/hobby/1006/25/210000.php


    2010年06月27日14:25│記事URLコメント(2)│カテゴリ:映画

    2010年04月26日

    1 あやめφ ★ 2010/04/26(月) 16:24:07 ID:???
    今野緒雪の人気ライトノベルを実写映画化する「マリア様がみてる」(寺内康太郎監督)の製作会見が4月26日、都内の教会で行われ、主演の波瑠、未来穂香ら総勢8人のキャストが出席した。

    原作は既刊37冊が累計発行部数540万部を誇る人気作。これまでにもTVアニメなどで映像化されてきたが、実写映画は今回が初めてとなる。舞台は、指導者役の上級生が下級生と「スール」(姉妹)と呼ばれる関係を結ぶことが伝統のお嬢様学校「私立リリアン女学園」。
    平凡な学園生活を送る1年生の福沢祐巳(未来)が、ひょんなことから生徒会組織「山百合会」に所属する2年生で、スター的存在の小笠原祥子(波瑠)の「妹」に選ばれたことから始まる青春物語。

    mariasama2_large波瑠は、「Seventeen」専属モデルのかたわら、「女の子ものがたり」「武士道シックスティーン」など女優業にも活動の場を広げている。人気小説の映画化への主演に、「プレッシャーや不安も大きかったけど、それだけたくさんの人に愛されている作品に出演できることを誇らしく思って頑張りたい」。ダブル主演の未来は、「ラブベリー」専属モデルとして活躍しているが、
    映画は初出演。「女優という仕事が大好きになっていたときだったので、運命を感じました。
    プレッシャーもあるけど、楽しみなこともたくさんあります」と初々しく話した。

    また、原作者の今野からは「実写映画ならではの強みをいかして、素敵な作品に仕上げてくださることを信じています。我が子をどうぞよろしくお願いします」とメッセージが届いた。波瑠は、「小説では表現しきれなかったことも表現できるかもしれない。映画ならではの『マリア様がみてる』になるよう頑張ります」と意欲を新たにした。

    会見には、平田薫、滝沢カレン、秋山奈々、坂田梨佳子、三宅ひとみ、広瀬アリスが出席した。
    「マリア様がみてる」は5月中旬にクランクイン。ジョリー・ロジャー配給で今秋全国公開。

    eiga.com
    http://eiga.com/buzz/20100426/14/

    マリア様がみてる
    http://www.mariasama-movie.jp/

    関連記事
    実写版「マリア様がみてる」は人気モデルのW主演!福沢祐巳役:未来穂香、小笠原祥子役:波瑠



    2010年04月26日20:15│記事URLコメント(0)│カテゴリ:実写等

    2010年04月01日

    1 ◆HDK/S/42EA @裸一貫で墜落φ ★ 2010/04/01(木) 12:39:26 ID:???
    マリア様がみてる (コバルト文庫)今野緒雪原作の人気ティーンズノベル『マリア様がみてる』(集英社)が、人気モデルのW主演で実写映画化されることが決定した。
    同作は厳格なミッション系のお嬢様学校を舞台に、「スール(姉妹)制度」や生徒会「山百合会」といった独特の設定を絡めて描かれる学園ストーリーで、小笠原祥子役を『Seventeen』専属モデルの波瑠、福沢祐巳役を『ラブベリー』専属モデルの未来穂香が演じる。またこの映画の主要キャストを現在プロ・アマ不問で募集中だ。

    累計発行部数540万部(既刊37冊)を誇る、今野緒雪:原作、イラスト:ひびき玲音のティーンズノベル『マリア様がみてる』。漫画版が『マーガレット』および『ザ・マーガレット』にて連載されているほか(03~07年。10年5月24日から連載再開。
    集英社文庫コミック版1・2巻が4月16日発売)、テレビアニメシリーズ(テレビ東京ほか)やオリジナルビデオアニメ、ドラマCD、イメージアルバム、サントラ、インターネットラジオなどさまざまなメディアへと拡大。少女・女性向け小説からスタートしながら、多数の男性ファンを獲得している人気作品の実写映画化となる。

    厳格なカトリック系ミッションスクールで、日本屈指のお嬢様学校である『リリアン女学園』。
    生徒の自立性を重んじるこの学園は、上級生が下級生に指導してゆく校風が自然と受け継がれ、その関係を「スール(フランス語で“姉妹”)」と呼び、“お姉さま”からロザリオを受け取ると姉妹関係の契りが結ばれる。学園で平凡に学生生活を送る主人公、1年生の福沢祐巳は、ひょんなコトから2年生の小笠原祥子と出会い、妹になる申し出を受けることになった。

    高等部の生徒会「山百合会」を取り仕切る3人の“薔薇さま”の妹「紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)である祥子は、スターであり、祐巳にとって“憧れのお姉さま”。
    でも、なんで妹に選ばれたのか分からない…! そして、薔薇さまたち主催の学園祭での舞台『シンデレラ』を巡り、お姉さま・妹たちのドキドキ・ドタバタな数日間が始まる…。

    ソース:Web De-View(04/01 10:00)
    http://www.oricon.co.jp/news/deview/74877/


    74877_201003310449452001270040204c[1]74877_201003310458790001270040204c[1]

    小笠原祥子役『Seventeen』専属モデルの波瑠(はる)。
    映画『武士道シックスティーン』『ソフトボーイ』等に出演 (画像左)
    福沢祐巳役『ラブベリー』専属モデルの未来穂香(みきほのか)。
    映画『NECK』などに出演(画像右)



    2010年04月01日20:37│記事URLコメント(2)│カテゴリ:実写等