2016年06月28日

    6kntemti




























         / ̄ ̄\
    .   ./   _ノ  ヽ
        |    ( ●) (●)
        |      (__人__)  ∫
        |     `⌒´ノ ∬    主役は小田切とはいえD機関勢揃いのエピソード
    .   ヽ         } | ̄|    前回より前の話で三好も出るからおおっとなった
         ヽ     ノ |_|)    「背広姿で敬礼する奴があるか」
    ____/      イー┘ |   結城中佐カッコ良すぎだし1話と同じセリフなのに全然印象が違う
    | |  /  /     ___/    とにかく渋い作品で面白かったなぁ
    | |  /  /      |       
    | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ      
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ジョーカー・ゲーム Blu-ray BOX 上巻ジョーカー・ゲーム Blu-ray BOX 上巻

    KADOKAWA メディアファクトリー 2016-07-27

    Amazonで詳しく見る
    2016年06月28日01:23│ 記事URLコメント(16)│ カテゴリ:アニメ感想まとめ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    他ブログ様新着記事

    コメント一覧

    1. Posted by オタクな名無しさん   2016年06月28日 11:43 ID:JECFxL3S0
    諜報部員が集まってミーティングする描写何で入れたし
    風機関の失敗や各国の諜報部員の連絡方法描いてきた今までの流れと明らかに矛盾するのに
    2. Posted by あ   2016年06月28日 12:13 ID:ODAWSWva0
    風機関は人前で集まったのがまずかったような…
    原作読んでないけど三好も居るし結構前の話なんだよね、各国に散らばる前だとすると矛盾はないと思う

    スパイ4 推理4 厨二スタイリッシュ2の素晴らしい作品でした
    3. Posted by オタクな名無しさん   2016年06月28日 13:08 ID:gPHbt8ta0
    >>1
    D機関は自分たちの事務所?みたいなとこで会議なので問題無い
    風機関は他人の目が多い料亭で会議なんでアホかってなる
    4. Posted by 無印   2016年06月28日 13:20 ID:akGgZaDG0
    俺は最後まで登場人物の顔の見分けがつかなかったな。原作知らないけどもっと泥臭く男臭い作風だったら好みだった。
    どうもアッサリしてて個人的には肩透かし。
    5. Posted by オタクな名無しさん   2016年06月28日 14:13 ID:JECFxL3S0
    >>2 >>3
    単に諜報部員が集まる事自体に問題が在る気がしたんだけどね
    まぁ表向きはなんかの営業所みたいなカモフラージュはしてるんだろうけどさ
    誰か一人でも身辺調査されてる状態だったらメンバーまで知られるリスクもありそうな気がするし
    6. Posted by ネネコ・ブルー   2016年06月28日 14:35 ID:aWXisdSt0
    劇中には描かれてないけど、
    日本の国際連盟脱退から第二次大戦突入まで陰から日本を見てて、
    こいつら気が気じゃ無かったろうな。やばい日本終わるとか。
    7. Posted by オタクな名無しさん   2016年06月28日 17:13 ID:8Xloc9cG0
    ※4同意
    喋らないと誰が誰だか判らなかった。
    特徴ある声優が多かったから何とか見れたけど。
    8. Posted by オタクな名無しさん   2016年06月28日 19:05 ID:cm2UWmqB0
    素晴らしい作品だった。こういった作品をもっと見たいなぁ。
    9. Posted by ナナシ   2016年06月28日 19:56 ID:pTfOq4Xb0
    スパイは目立ってはいけない事を考えると誰が誰だかわからない顔はスパイらしい設定だと思う
    10. Posted by 壮年おたく   2016年06月28日 22:00 ID:ZNim9k5Y0
    >>1
    時系列としてまだメンバーが世界に散る前なので、今回の件は「訓練の一環」として扱ってるんだろう
    11. Posted by オタクな名無しさん   2016年06月29日 02:38 ID:YWrZbEly0
    まさか最終話で 浦沢直樹のMonsterと 同じネタが出てくるとは
    12. Posted by オタクな名無しさん   2016年06月29日 11:13 ID:HYs5Lva50
    各回の時系列(年月)については、番組公式Webにあるから確認すると良い
    ちなみに今回は、1939年の春という時期、話としては、第1話、第2話の
    ジョーカー・ゲーム(前後編)の直後の話となる

    結城中佐も、ちゃんと人間味のある締め方をしてよかった。
    小田切が気になっている劇団女優が行った先(満州:本編中の話だと、満映に女優として誘われて行ったという感じだったね)に、小田切を異動させたり(本部付き中尉ということは、特定の部署が決まってないので雑用係だけど、それなりに自由な時間も確保できるので、小田切が劇団女優を探すことも可能)、辞令を持って部屋から出て行く小田切に「死ぬなよ」と声をかけたりして、なかなか感動的だった。
    この時点では、まだ、戦争も始まってはいない(第二次大戦が始まったのは、ドイツがポーランドに侵攻した1939年9月)ので、満州がその後どうなるかはまだわからないという前提なんだよな。
    13. Posted by オタクな名無しさん   2016年06月29日 11:17 ID:HYs5Lva50
    今回の会議の前半部分は、いわゆる「吊し上げ」なので小田切は、反論を許されてないんだよな。
    だから、会議に出席している機関員の目を映さず、口はニヤリとした形で部屋はタバコの煙が漂っているシーンを間に入れている。
    会議の後半は、吊し上げが終わって一段落してから、各機関員に対しての指示を与えるための会議だったので、小田切もちょっと反論しているが、すぐに否定されちゃったね。
    14. Posted by オタクな名無しさん   2016年06月29日 11:28 ID:kVkawWUj0
    ※5

    確かに、全員が集まってしまうと一網打尽というリスクもあるけど、D機関自体が秘密の組織で表向きは「大東亞文化協會」という協会という体をとっているし、この時点では機関員は全員、寮に住んでいるんだから(第1話の佐久間中尉がポーカー・ゲームしたりしてたよね)全員が集まって会議を開くことには違和感はなかった。
    風機関のあれは、多分、機密費が潤沢にあてられていたから、料亭でごちそう(鯛の尾頭付きを食べてた)食べてたのかもしれないけどね。こういう行動からも、風機関は諜報組織じゃなくて、(破壊)工作向きな組織にしたらよかったのにと思う。
    15. Posted by 名無し   2016年06月29日 15:11 ID:j2R70cIE0
    ※9
    確かに。変装なんかも自然だったしな
    16. Posted by 名無し   2016年07月09日 17:14 ID:kK0OWcpd0
    地味とか言われるけど
    そもそもスパイに求められる仕事って
    「周囲に一切の違和感や疑念を与えることなく、情報を手に入れる」ことだからな?

    コメントする

    名前


    アクセスランキング ブログパーツ