2016年02月25日


    kjk;jkd

    kjk;jk
    OUTLINE -募集内容-
    SAOのアルファテストに「テスター」としてご参加いただける方を募集しています。
    開催期間    2016年3月18日(金) - 3月20日(日) 11時~19時
    会場    東京都内某所
    ※イベント当日の集合時間・会場へのアクセスなどはご当選者さまにのみ
    メールにてお知らせいたします。
    募集人数    208名様
    応募受付期間    2016年2月22日(月)11時 - 3月4日(金)17時まで
    エントリー
    詳しい募集内容は「エントリー」先のページをご確認下さい。

    ABOUT -概要-
    IBM×SWORD ART ONLINEについて

    2012年のTVアニメ化を機に、ゲーム、コミカライズなどマルチメディア展開を拡大させ、国内の盛り上がりだけでなく、その人気の広がりは海外にも及び異例の大ヒットを記録している小説『ソードアート・オンライン』。

    作中で描かれるバーチャル・リアリティー・ゲームの世界観を再現し、IBMの先進技術を実際に体感できる場としてSAOのアルファテストと称した「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング Sponsored by IBM」を開催します。

    「ソードアート・オンライン」とコラボレーションした世界は、「コグニティブ・コンピューティングが未来のゲームにおいて活用されたら?」という近未来をイメージできる内容となっています。

    イベント参加者自らを、スキャンした3Dモデルがアバターとして登場し、バーチャル・リアリティ空間で繋がれた他の参加者たちと共にゲームを体験できる革新的なオンライン・システムの全てを、IBMのクラウド・サービス「SoftLayer」上で実現しました。

    IBMの最新技術がいかに皆様のビジネスや生活に変革をもたらすのか、テクノロジーが拓く未来と将来の活用の可能性について、この機会を通じて是非体感してください。

    キャスト

    キリト:
        松岡 禎丞

    アスナ:
        戸松 遥

    コグ:
        伊藤 かな恵

    スタッフ

    原作:
        川原 礫(電撃文庫刊)

    シナリオ監修:
        川原 礫

    主催:
        SWORD ART ONLINE THE BEGINNING PROJECT

    制作協力:
        日本IBM

    企画・制作:
        1→10

    協力:
        KADOKAWA
        バンダイナムコエンターテインメント
        アニプレックス
        A-1Pictures
        ジェンコ
        SAO Project
        (『ソードアート・オンライン』製作委員会)

    イベント協力:
        TOW

    キービジュアル:
        原画/鈴木 豪
        仕上げ/中島 和子
        特効/清水 彩香
        フィニッシュワーク/岡崎 正春
    立ち絵:
        原画/鈴木 豪
        仕上げ/中島 和子
        フィニッシュワーク/岡崎 正春


         / ̄ ̄\
    .   ./   _ノ  ヽ
        |    ( ●) (●)
        |      (__人__)  ∫
        |     `⌒´ノ ∬    コグニティブ・コンピューティングシステムってシュタゲコラボの時のだ
    .   ヽ         } | ̄|    SAOベータテストの前段階としてアルファテストとして現実的な範囲で再現って感じか
         ヽ     ノ |_|)    ナーヴギアを再現してプレイかな?って思ったけれどさすがにまだ無理だよね
    ____/      イー┘ |    VRゴーグルを使ってやるのは面白そうだしどんな操作方法なのか気になる
    | |  /  /     ___/    
    | |  /  /      |
    | | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ソードアート・オンライン ミュージックコレクション (初回生産限定盤)ソードアート・オンライン ミュージックコレクション (初回生産限定盤)

    Aniplex (music) 2016-01-26

    Amazonで詳しく見る
    2016年02月25日00:40│ 記事URLコメント(15)│ カテゴリ:アニメネタ・他ネタ | ソードアート・オンライン
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    他ブログ様新着記事

    コメント一覧

    1. Posted by オタクな名無しさん   2016年02月25日 01:33 ID:X6BuN8PB0
    最初に情報出た時はおお!ってなったけど
    詳細見たらズコーってなった ただのVRですやん
    2. Posted by 名無し   2016年02月25日 01:33 ID:DcvBlQEU0
    コグって誰や
    3. Posted by オタクな名無しさん   2016年02月25日 01:40 ID:D6JqW9QP0
    >イベント参加者自らを、スキャンした3Dモデルがアバターとして登場し、

    (´・ω・`)
    4. Posted by    2016年02月25日 02:25 ID:1VILsR.F0
    他んとこでも書いたけどなんでこの小便臭いラノベ作品にしたかね…
    マトリックスとかVR系は名作いくらでもあるだろうに。
    お金とターゲット層の問題か。
    5. Posted by オタクな名無しさん   2016年02月25日 02:52 ID:0pbVexRX0
    IBMって僕の父さんの会社じゃん。
    コネでイベント参加者に選ばれるかな?w
    6. Posted by 名無しオレ的ゲーム速報さん   2016年02月25日 04:00 ID:Q45GY7Q.0
    ズッコケないでほしいところ
    7. Posted by    2016年02月25日 07:55 ID:EActevHP0
    そもそも大元がレンチン死ありプレイ中意識不明、社会政治人間関係全てがキリト様の味方だから成り立ってた狂気の代物なのによくやろうと思うな
    8. Posted by オタクな名無しさん   2016年02月25日 08:04 ID:z69fMIuG0
    VRの名作マトリックスって…あれVRやAIに全然良いイメージないだろ…技術の黎明期でなく終焉を描いた話だから縁起悪いし
    SAOは一応最初こそマッドサイエンティストが悪用したけど
    2年VRで暮らした被害者達がVRやAIに可能性を見出して残して守ろう、発展させようって話だから
    技術の捉え方が前向きなんだよ
    IBMの記事を読むとSAOの基幹システムやユイと方向性が同じだから選ばれたんだと思うよ
    9. Posted by オタクな名無しさん   2016年02月25日 09:14 ID:A0J3v7jZ0
    ※1 最初に情報出た時はおお!ってなったけど

    可愛いなお前w

    どんなに頑張ってもあと100年近くかかるわ。つまり俺達はプレイ出来ないってこった。
    10. Posted by オタクな名無しさん   2016年02月25日 10:00 ID:hvswEGB50
    イベントなのか
    ファンなら楽しめそうだな
    11. Posted by あ   2016年02月25日 12:08 ID:fecCCIST0
    単純にSAO以外のVR関係の作品が全部駄作だからだろバカはそんな事も分からないのか....
    12. Posted by オタクな名無しさん   2016年02月25日 14:04 ID:wu9yOEep0
    応募しようかと思ったけど、遊園地の4Dアトラクションや3Dゲームに酔いやすいから諦めた。
    13. Posted by あ   2016年02月26日 14:52 ID:jU7x1iPw0
    ※11
    SAOもその駄作の1つだって話だろ
    二次創作に頼らずに作れってことだろ
    14. Posted by オタクな名無しさん   2016年02月26日 17:55 ID:BYiuV4jg0
    >>8
    SAOが馬鹿なのは、成果物の上で子供がコミュニケーションごっこをしているところとそれを勝手な言葉で取り繕っているところなんだが
    無制限の方向性を計画だとはき違えてるとか頭大丈夫か?

    検証を自分でやらない技術とか腹掻っ捌いて死ぬレベル

    15. Posted by お馬鹿さん   2016年02月27日 02:35 ID:mGiHjHYc0
    そんな事言ったらか科学に関係ある作品は科学者しか書いてはダメになるな
    >>14ってよく色んな人から馬鹿にされるでしょ

    コメントする

    名前


    アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ